• 交通費精算を手作業で行うメリットとデメリット

    • 交通費精算をシステムを導入して行うケースも非常に増えていますが、中小企業の中には費用対効果が折り合わずに手作業で交通費精算を行っている企業も少なくありません。

      これらの企業の多くは単に設備導入を行う費用が捻出できなかったり、導入費用に対しての効果を十分に積算することができないためあえて手作業となっているケースも多いのですが、中には業務の進め方が手作業の方が効率が良いと判断しシステム導入を控えているところもあるのです。交通費精算は基本的には社員本人の自己申告となる面が少なくありません。
      タクシーなど高額の交通手段の場合には領収書で処理をすることも多いのですが、一般の鉄道の利用料やバスの利用料等、公共交通機関の場合には利用証明書を入手することが困難であり、人の自己申告だけで生産を行っている可能性が高いのです。

      交通費精算の初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

      そのため担当者が様々な状況を鑑みその確認を行っているのが実態ですが、これがシステム導入されることで詳細のチェックを行うことができなくなってしまうデメリットが発生します。交通費精算は社員との信頼関係で成り立っている側面があるため、周囲から考えて異常な数値でない限りは妥当な交通費として生産を進めてしまうことが少なくありません。



      しかし、様々な事情により正確に申告を行わないケースもあるため、これらを見抜き是正をする仕組みを整えることが重要で、多くの中小企業では担当者による目視チェックが非常に重要なものとなっているのです。そのため交通費精算はシステム化すると業務効率が高まると考えられる反面、現場個別の内容に関して逐一チェックを行っているのに対して、そのチェックを行うことができなくなってしまうという問題も抱えているのです。



  • 交通費精算の事柄

    • 交通費精算システムで経理を簡易にできます

      出張や社員の少ない会社なら交通費精算も自己申告でかまいませんが、大勢の社員が様々な地域へ出張したり、遠方から通勤する社員がいる会社は精算が大変です。従来の手入力による計算ではミスも起こりがちで、経理の社員も出張した社員も迷惑をこうむることがあります。...

  • 交通費精算の対策方法

    • 交通費精算は専門ソフトで効率アップ

      会社での交通費精算と言うと、月に一度前月にかかった交通費を紙ベースで精算するという方式が圧倒的に多いという状態となっています。所定方式で書き込み、それに領収書などを添付して、庶務係などを通じて所定部門へ提出し、チェックなどを経て、翌月あたりに指定口座へ振り込んでもらいというものです。...

  • 交通費精算を身に付けよう・交通費精算の納得の事実

    • 交通費精算はペーパーレスの時代に

      社内の手続き業務の中でも最も面倒な作業のひとつが、交通費精算と感じている方は多いはずです。まず書き方が複雑で内容が間違うこともしばしばですし、領収書をいちいち貼り付けないといけないのも面倒です。...

    • 交通費精算は経理の仕事で負担となる業務の一つです

      会社の経理の本来の仕事は経営陣に会社のお金に関する情報を整理し経営陣に提出して経営の指針となる数字を正確に把握して貰うことですが、そのためには日々の売り上げや仕入れそして経費などを出納長に記載し、月次になればそれらの数字をまとめ、月次決算を行い、その数字が会社の最終的な決算の数字となります。経理が毎日行うことで手間が掛るのは経費の清算で、営業職が多い会社では経費精算特に交通費精算に時間が掛かり、本来やるべき経理の仕事に支障がきたす場合も少なく有りません。...