• 交通費精算システムで経理を簡易にできます

    出張や社員の少ない会社なら交通費精算も自己申告でかまいませんが、大勢の社員が様々な地域へ出張したり、遠方から通勤する社員がいる会社は精算が大変です。

    従来の手入力による計算ではミスも起こりがちで、経理の社員も出張した社員も迷惑をこうむることがあります。


    交通費を申請する側もされる側にも面倒な交通費精算には、精算専用システムを利用するのがおすすめです。
    ICカードと連携しており乗換案内や定期区間自動控除を自動で計算してくれるので、交通費精算を圧倒的に効率化できます。
    経理担当によっておこる出張経路の承認条件のブレやそれによる社員の不満を解消し、公平に交通費を支給することが可能です。

    交通費精算の情報ならこちらを参考にしてください。

    近年の交通費精算システムはとても優秀で、地図ソフトや経路検索ソフトと連携して、人的ミスをすることなく交通費を精算します。


    スマートフォンにも対応しているため、手書きで記入した申請書に領収書を添付して提出する必要もなく、申請する側が出張先からでもスムーズに申請可能です。


    逆に申請される側が出張で不在でも出張先から承認ができるため、業務もはかどります。



    他の会計ソフトと連携させれば更に効率よく計算でき、確定申告の時期の手間が減らせる画期的なシステムです。



    交通費精算専用システム導入時は、できる限り自社に合ったソフトを購入し、更にカスタマイズして最適化するとうまくいきます。


    カスタマイズは購入したソフト会社がサービスで行ってくれる場合があるので、導入時に確認するのが賢明です。