• 交通費精算は経理の仕事で負担となる業務の一つです

    会社の経理の本来の仕事は経営陣に会社のお金に関する情報を整理し経営陣に提出して経営の指針となる数字を正確に把握して貰うことですが、そのためには日々の売り上げや仕入れそして経費などを出納長に記載し、月次になればそれらの数字をまとめ、月次決算を行い、その数字が会社の最終的な決算の数字となります。

    交通費精算に関する情報が幅広く集まります。

    経理が毎日行うことで手間が掛るのは経費の清算で、営業職が多い会社では経費精算特に交通費精算に時間が掛かり、本来やるべき経理の仕事に支障がきたす場合も少なく有りません。
    営業職に交通系ICカードを渡し、それを移動に使用して貰い残高が無くなれば金額を補充し渡すことを行なっている会社も多く有りますが、経理上は何処から何処へ移動したか、その経費はいくらだったのか帳簿上には記載する必要があります。



    また出張時の飛行機や列車に掛かった経費や、ホテル代そして出張先で取引先と会食した場合の会議費や交際費なども記載する必要があります。

    経理に交通費精算の負担を減らすために、営業職や社員が自ら経費伝票に勘定科目を記載して経理に提出する会社もありますが、そのチェックで時間を取られることも有り、交通費精算に掛かる手間が減ることはあまり有りません。
    そのため交通費精算をシステム化する会社も増え、交通系ICカードを機械で読み取り自動で計算するシステムや、イントラネットで、全社員が交通費や出張費を入力すると自動で勘定科目の仕訳をこない計上するシステムなど、交通費精算で経理が時間を取られないようにする会社も増えています。