• 交通費精算は専門ソフトで効率アップ

    会社での交通費精算と言うと、月に一度前月にかかった交通費を紙ベースで精算するという方式が圧倒的に多いという状態となっています。

    所定方式で書き込み、それに領収書などを添付して、庶務係などを通じて所定部門へ提出し、チェックなどを経て、翌月あたりに指定口座へ振り込んでもらいというものです。交通費精算は新入社員のときから毎月行っている行為なので、何の疑問も持たず、何の不自由さも感じないまま、また所管部門も通常のルーチンワークとして清々と行ってきているものですが、実は少し工夫をすればもっと効率をアップすることができます。

    それは交通費精算のための専用ソフトを利用するという方法です。

    紙ベースと同じようにパソコンなどを通じて、一定期間の実績を清算しますが、インプットした後の作業が断然異なります。

    交通費精算情報を簡単に請求できます。

    通常上司の承認印などが必要になりますが、それは上司がパソコンで承認クリックをすれば済みます。
    その後は自動的に指定口座へお金が振り込まれるということまでがシステム化されているので、至って簡単な作業で円滑に進むというわけです。通常の交通費であれば、領収書は不要というところが多いのですが、飛行機や旅館などを利用した場合は、提出しなければならない企業もあります。それは別途所定部門へ提出し、所定事項をクリックするだけで問題はありません。



    中には、乗車駅と降車駅をインプットしさえすれば、金額を自動的に表示してくれる優れものもあるのです。