• 交通費精算はペーパーレスの時代に

    社内の手続き業務の中でも最も面倒な作業のひとつが、交通費精算と感じている方は多いはずです。まず書き方が複雑で内容が間違うこともしばしばですし、領収書をいちいち貼り付けないといけないのも面倒です。

    うっかり領収書と取り忘れようものなら、経理部門とひと悶着あってしまいますし、更には上司の決裁もまた悩みの種です。

    交通費精算はとても評判が良いです。

    交通費精算はいわば会社に対しての立て替え払いのようなものですから、給料日前なんかに発生するとこちらの財布がショートしてしまうのではないかと気が気ではなくなります。こうした問題を多々抱えている交通費精算ですが、だからこそ効率化を進めれば劇的に生産性を上げることが出来るのです。

    その革新的取り組みがクラウドのシステムを導入する事です。



    クラウドを使えばまず書類がなくなりますのでペーパーレス化になりますし、会社にいなくてもスマートフォン上でも申請が出来ます。


    領収書も写真を撮ればそれを添付するだけですから、無くしそうな人はもらう都度写真を撮っておけばいいのです。



    スマートフォンで出来るのであれば、移動中の隙間時間に処理する事も可能で、今まで無駄に使っていた時間を有効活用することにもなります。

    交通費精算システムには決裁ルートも設定出来ますから、申請しさえすれば自動的に上司や経理部門へ流れていきます。

    もう書類を持ってあちこち歩き回る必要もないのです。こうした技術を導入する事で直接的にも生産性がアップしますし、何より社員の待遇改善に役立ちます。